債務整理には弁護士への相談が不可欠

任意整理に関する基礎知識と実際の進め方、債務者として注意すべきポイントについて

任意整理を理解する

2017.09.04

未分類

任意整理を理解する はコメントを受け付けていません。



借金問題の解決法として、ある意味最も一般的で多くの債務者が選択から実践しているのが「任意整理」です。これは負債総額から利息や遅延損害金などを除いた元金のみを、割り戻しと称される計算法で再度算出から、最長5年間をメドで均等分割で返済する形での債務整理です。債務者が自己破産してしまえば、債権者は元金の回収もままならず、金銭面の損害が避けられません。元金だけは確実に返済するとの和解案に債権者側が合意する流れが求められ、この交渉を既に社会的信用を失った債務者が直接進める事は当然困難です。弁護士が債務者からの依頼を受け、和解案を確立の上、債務者はそれに沿った返済を再開する流れとなります。

但しこの任意整理にも行き詰ってしまい、再度延滞を生じさせてしまった場合、最悪弁護士が担当を辞任してしまい、債権者から一斉に債務者に対し、全額一括返済を迫られる展開が想定されます。任意整理を選択から実践するに際しては、確実に新たに算出された返済総額を完済する、強い意志と実践の双方が求められます。和解なる猶予を1度与えられた立場であり、債務者すなわち弁護士に相談を持ち掛けた当事者は、次はいかなる場合でも許されない現実を踏まえて対峙せねばなりません。